RECRUITカンケンの人々

ディレクター 2010年 入社

小佐見 正延Masanobu Kosami

あなたがカンケンで働くことになった経緯は何ですか?

幼い頃からモノづくりへの憧れがあり、将来も何か創る仕事に関わっていきたいと考えていました。大学4年生の時に授業のカリキュラムの一環で企業インターンシップに参加することになり、教授の勧めで知ったのがカンケンでした。当時、住宅等の建築や内装設計を学んでいたのですが、マンションギャラリーという今まで知らなかった分野の仕事があることを知り、とても興味が湧いたことを覚えています。インターンシップ終了後も、志願してアルバイトとしてカンケンに来るようになり、そのまま新卒採用に応募しました。

現在の主な仕事内容を教えてください。

プロジェクトの舵取り役として、スケジュール管理や予算管理、チームメンバーや協力会社の方々と調整をしながら、クライアントのニーズにあったモノづくりを提案・推進しています。マンションギャラリー業務は多岐にわたるので、色々な視点から物事を捉え、円滑に進むように努めています。

日々の仕事の中でのやりがいを教えていただけますか?

自分は「何でも屋」だと思っています(笑)。クライアントの困っていることを解決する仕事というスタンスで何事にもあたっています。クライアントが自分を頼りに相談してきてくれると、正直嬉しく思います。なのでキホンは、「どーにかします。」です!!
時に悩むことや、苦しむことも多いですが、多くの人と協力しながらそれが実際に形になり、最後にクライアントに満足していただけたときは大きな達成感があります。
やはりモノづくりは一人ではできるものではないと思うので、自分を支えてくれる人たちとの関係性は大切にしたいと思います。

カンケンの魅力、カンケンらしさとはなんでしょうか?

一言でいえば、「自由」だと思います。いい意味で。ただ自由を感じる一方で、当たり前ですが責任も出てくるわけなのですが、若いうちから自分の裁量で業務を行う機会も多く、自ずと責任感もついてきますし、自分の想いや意見を人前で伝えるチャンスも恵まれていると思います。

今後の夢や目標を教えてください。

自分はもともとモノづくりの現場に憧れていたので、これからも経験を積みながら現場の 声に近い存在として、全体を見渡せる進行役として活躍していきたいと思います。
また、基本的に負けず嫌いな性格なので、もっともっと誰よりも活躍の場を広げていきたいです。

休日はどんなことをして過ごしますか?

休日は車で遠くにドライブ。
冬は、月に3回はスノボーに車で行くためガソリンビンボーに…(泣)