RECRUITカンケンの人々

Designer

Motoura Reina

現在の主な仕事内容を教えてください。

マンションギャラリーの内装・外装を考えたり、その空間にあわせた家具や小物などのインテリアを選んだり、デザインに関わる部分をメインに業務に取り組んでいます。カンケンの業務は多岐にわたるので展示や館内サイン、空間演出など空間をトータルでデザインできるところが魅力です。マンションギャラリーだけでなく、マンション本体の共用部などもデザインします。

仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください。

デザインには正解がないことが、この仕事の面白い部分でもあり、難しい部分でもあると思っています。答え合わせが出来ないからこそ、クライアントが求めていることを考えながらデザインしている瞬間はわくわくしますし、なかなかクライアントの要望をデザインに落とし込めない時は難しいなと感じます。

空間デザインを企画立案するうえで何か大事にしていることはありますか?

デザインをしていて迷子にならないように、しっかりとコンセプトをたてて業務に取り組むようにしています。コンセプトは、本体物件からヒントを得て考えることもありますし、その物件にあったコンセプトを自分で考えて提案することもあります。また、自分の考えを最大限にクライアントに伝えるため、プロジェクトの定例会議に参加して自分で提案することも大切にしていることのひとつです。

入社してから印象に残っている仕事でのエピソードはありますか?

私が最初にデザインして納品したものは、キッズルームの小さなキャプションでした。
たった一つのキャプションでも、自分でデザインしたものが形になり、実際に現場に納品された時に、やりがいや嬉しさを感じたのが印象に残っています。今では、空間全体をデザインしているので感慨深いなと思いますし、今でも建築竣工のときはわくわくします。

自分の成長を実感した瞬間はありますか?

ディレクターがプロジェクトの推進をしていることもあり、入社から数年はクライアントの目線の先にいるのはディレクターであることが多かった印象でしたが、最近ではクライアントから意見を求めてもらえる場面が増え自身の成長を感じています。これからも、社内外問わずデザイン面で頼られるようなデザイナーを目指したいです。

これから挑戦してみたいことはありますか?

マンションギャラリーだけでなく、地図に残る仕事をしたいなと思っています。マンション本体やホテルなどジャンルを問わず、新しいことに挑戦してみたいです。その為に自分の力を磨くという意味で、身に付けたい知識や経験は山ほどあるので、日々勉強だと思っています。

テレワークと出社勤務と併用する働き方で何か変わったことはありますか?

自宅が会社から2時間と離れた場所にあるため、移動時間が減った分、時間的にも気持ち的にも余裕ができていると思います。その時間を、デザインの為のインプットの時間に使ったり、家族との時間や自分の時間をうまく作りながら働けるので、今の勤務スタイルは自分に合っていると思います。