RECRUITカンケンの人々

コーディネーター 2013年 入社

田中 彩華Ayaka Tanaka

あなたがカンケンで働くことになった経緯は何ですか?

大学で空間デザインを学んでおり、今までの経験を生かせる職業に就きたいと考えていた時に大学教授からの紹介でインターンをすることになりました。
学生時代には見たことのなかったマンションギャラリーの現場に行くことができ、シアタールームや展示室など様々な場所で、訴求内容に沿った工夫された空間づくりがされており、面白そうと思ったことがカンケンで働いてみたいと思ったきっかけです。

現在の主な仕事内容を教えてください。

マンションギャラリーグループでコーディネーターとして働いています。
ディレクターと共に案件ごとにどのようなギャラリーにしていくべきか方針を立て、建築・演出・展示プランなどマンションギャラリーに関する様々なことについて、クライアントへのコンサルティングを行っています。また、協力会社の方々と共に納品に向けての調整業務なども担っています。

日々の仕事の中でのやりがいを教えていただけますか?

大手デベロッパーや多岐にわたる関係各社の方など多くの人と関わりながら、共により良いものを作り上げていく体験ができることにやりがいを感じています。以前、模型室の複雑な演出を行った際に、幾度も議論や調整、現場での検証と努力を重ねて無事完成したときには現場で拍手が起きました。実現のために多くの関係者が一つのチームとして作りあげたという達成感がありました。

カンケンの魅力、カンケンらしさとはなんでしょうか?

20~30代の社員が多く、若手のうちから裁量の範囲が大きく業務領域が幅広いため、様々な経験が積める、且つ仕事を任せてもらえる場面が多いです。服装などを含めて自由度が高く自分らしさをもって働ける職場で、社員は話してみればみるほど個性的で面白い人たちばかりだと思います。また女性の先輩社員も多く、ディレクターとして働かれている方や産休から復帰して働かれる方もおり、女性としてのキャリアの参考となる方が多いことも私にとっては魅力的だと感じています。

今後の夢や目標を教えてください。

知識を増やし経験を積み、考え方のプロセスを骨太にしてクライアントに新たな価値を提供できる存在になりたいと考えています。また自分らしい仕事の仕方を磨いていって、自信を持って様々なことにチャレンジしていこうと思っています。

休日はどんなことをして過ごしますか?

温泉が好きなので余裕のある月は土日に合わせて有給を取り、2泊3日のリフレッシュ旅行に出かけて、北海道・青森・新潟・金沢・島根などなど…各地の温泉地めぐりを楽しんでいます。