カンケンやってみた SPECIAL STORY TOPICS 01

WELCOME to
KANKEN

エントランスウォールを使った映像演出1

カンケンオフィスの顔となるエントランスウォールを使った映像演出。オープンオフィスを開催するにあたり、映像とセンサーを組み合わせ、来場者のアクションと連動したギミックを施しました。
壁面に設置した約1000枚の白黒のコースターは、来場者が壁面から取り外せるようになっており、裏面にプリントした様々な種類のQRコードと共に、参加性のあるインタラクティブなツールとしても機能させています。

  • エントランスウォールを使った映像演出2
  • エントランスウォールを使った映像演出3
  • QRコードは各ゾーンの取り組みトピックに対して評価ポイントを集計する「いいねカウントキー」となったり、展示のインタラクティブな演出としても楽しめます。また、お帰りの際にはコースターにメッセージを書いていただくなど、コースターというひとつのツールから、デジタルとアナログを掛け合わせたオープンオフィス全体の展示を繋いでいく体験ストーリーを演出しました。

  • コースターの使用例
  • コースターのメッセージカード
  • コースターの展示風景

映像は3つのシークエンスで展開。ドアに取り付けた人感センサーと、動線上に設けたフットセンサーに反応し、人のアクションで段階的に映像が切り替わる、リアルな影とデジタルな影を融合させた体感演出としました。