カンケンやってみた DESIGNART TOKYO 2021
Rooming BOX

STORY 01新しい伝統工芸プロダクト開発と発信

福珠窯が描く自然観を表現した絵柄の壁紙やファブリック

伝統工芸品の技術や魅力を、特別感を演出する新たな商材へと繋いでいきたいと考え、「Re:Traditional」をテーマにした商品開発を試みました。出展にご協力いただいた有田焼の窯元「福珠窯」の器は、職人が長年培ってきた、自然観・社会観・感性を表現した絵付けが魅力のひとつです。その手書きの絵付けの風合いをそのままに、現代の高い転写技術によりインテリアの壁紙やファブリックへと発展させた企画で、有田焼=食器という概念から、職人技術や芸術性にクローズアップした、新しい伝統工芸プロダクトとして、空間というスケールに広げた魅力を発信しました。

後世に残したい絵付けの技術と魅力

今回開発した商材の絵柄は、壁紙用やファブリック用として別に描いたものではなく、有田焼の器自体を撮影したものをデザインのモチーフとして使っています。現代の高精細な入出力技術を活かしたソリューションにより、福珠窯の絵付けの特徴でもある「杵灰釉(いすばいゆう)」の独自の発色や味わいのある滲みの風合いも、柔らかな表情を残したまま、細かな筆遣いまで表現しています。

福珠窯の発想の源「有田の森」

器の絵柄に込められた世界観をより空間で体感してもらうため、新商材のデザインは福珠窯の発想や釉薬づくりの源となる「有田の森」をコンセプトに設定。日本古来の文様や初期伊万里スタイルのほか、今回の出展に合わせてデザインしたオリジナル作品を加え、全11種類の自然観を表現したデザインの壁紙やファブリックを制作しました。

「有田の森」から世界へ

オリジナル作品の器のデザインテーマは「飛躍」。DESIGNART TOKYO2021 のテーマ「CHANCE !かつてないチャンス」から、発想を飛ばし、良く弾み飛躍をイメージさせる「鞠」形状の器をメインに、有田の森を駆ける動物たちを描いた躍動的なデザインとしています。

展示商品の一部は購入ができます

BUY